ヘッドライン



wellcome



過去記事

勇者「魔王と〇〇〇を行わなければ出られない部屋だと!?」

2021年10月26日火曜日

ネタ

hello
t f B P L
>>おすすめ おまとめ<<
1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:25:56.147 ID:YPG2rUA10.net
女側近「魔王様、勇者がトラップを次々と破壊しもうこちらまで迫ってきています」
女魔王「ふふふ、さすが我がみとめた男だ。側近よ、例の部屋の準備を」
側近「かしこまりました」スタスタ
魔王「ふふん。楽しみだ」
3 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:26:41.618 ID:YPG2rUA10.net
…………………………
\バターン/
勇者「魔王! 貴様を打ち滅ぼすため、ついにここまでたどり着いたぞ!」
魔王「よくぞここまできたな勇者よ。さあ、存分に我と殺しあおうぞ」
勇者「行くぞ!」ジャキンッ!
魔王「……と、言いたいところだが」
勇者「?」ピタ
魔王「ここで貴様をただ殺してしまうのはあまりにも惜しい。我は水晶を通して貴様の奮闘をこの目に焼き付けてきた。そんな貴様の強さと逞しさを買ってやろうと思う」
勇者(取り引き……? まさかあの魔王が和平交渉をしようとでも言うのか)
5 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:27:28.223 ID:YPG2rUA10.net
魔王「さて、場所を変えようか」キィーン
勇者「!? これは……! 転移魔法!?」
シューン……

~ 寝室 ~
シューン
魔王「……どうやら成功したようだな。入ったぞ側近!」
「は、ただいま」カシャン
勇者「くっ、不意打ちとは卑怯なマネを!」
魔王「そう身構えるな。ただ場所を移しただけだ。まずは我の話に耳を傾けよ」
勇者(……あまり期待はしていないが)スッ
6 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:28:18.194 ID:YPG2rUA10.net
魔王「勇者よ。貴様には我と交わり、子をなしてもらう」
勇者「!?」
勇者「魔王との子だと……!? ふざけるな!」
魔王「今この世で我らは間違いなく二つの頂点に立つ者。その片割れである男の種で授かった子こそ次世代魔王を継ぐのにふさわしき器となるのだ」ふふふ
魔王「この世を去る前に、次の世にその種をまいていけ、勇者よ。この部屋はそのため用意した部屋だ」
7 :転〇以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします禁止:2018/10/20(土) 03:28:29.949 ID:C1jXtHyna.net
カシャンってその気になれば出れそう
8 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:28:29.983 ID:UQxIN+4XM.net
はよ
9 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:29:29.923 ID:YPG2rUA10.net
勇者「誰が…… っ!? 頭が……!」
勇者(なんだこれは、毒……!?)ガクッ
魔王「部屋中に置かせた香の効果が効いてきたようだな。それはこの魔界周辺に生える性欲を刺激する効果のある植物の香りだ」
魔王「さすがは上位淫魔種の側近が作り出した媚薬……効果は覿面だな」
勇者「転移魔法ッ……!」キィ……バチンッ!!
勇者「魔法が使えない!?」
13 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:31:55.145 ID:OK93eYYzM.net
>>9
これはエンディングで実はただのアロマだったというオチのフラグ
10 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:30:04.243 ID:YPG2rUA10.net
魔王「鍵をかけたと同時にこの部屋内部にはあらゆる魔法を封じ込める結界が張られている。この室内では全ての魔法が機能せんよ。そして鍵には性行為を解呪の条件とする呪いをかけてある」
勇者「魔王と性行為を行わなければ出られない部屋、だと……!?」
魔王「ふふふ、平たく言えばそういうことだ。では激しく交わろうではないか」ぬぎっ
勇者(な、なんと豊満な乳房……い、いかんっ! 目をそらせ!)ズキッ!
勇者(ぐぅ……! こうしている間にも媚薬に理性を蝕まわれている! 早くこの香りの出所を止めなければ!)
11 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:30:37.012 ID:YPG2rUA10.net
魔王「もしや香りの出所を探っているのか? ふふふ、ならばこちらだぞ勇者。寝具の真上に置いてある」ぽふっ
魔王(もちろんこれ一つなわけがないがな)
勇者「!」
勇者「……」スタスタ
12 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:31:26.437 ID:YPG2rUA10.net
魔王「ほら、お前が欲しいのはこれだろう?」
勇者「っ……! よこせ!」
……ギシッ
魔王「ふふっ」がしっ ぐぃ
勇者「なっ」
魔王「捕まえたぞ♥ 勇者」
勇者「く、はなせ!」ばっ!
魔王「……女の寝具に乗っておきながらなかなか釣れんやつだ」
14 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:31:57.943 ID:YPG2rUA10.net
魔王「しかしここはどうだ」にぎっ
勇者「ぐぬ゛っ!?」
魔王「ふふふ、立派にいきり〇てているではないか」カチャカチャ
勇者(くそっ! )
ボロン……!
魔王「!」
魔王「ほう……♥ なかなかだな。気に入ったぞ勇者。折角だ、最後の快楽としてこの我が貴様の希望をきいてやらんこともない」
15 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:32:53.248 ID:YPG2rUA10.net
勇者「ならッ……! この部屋から出せ!」ズキズキ
魔王「そうじゃないだろう。貴様が求めているのは……これか?」しこしこ……♥
勇者「ヌ゛、ぐ」
魔王「それとも……」ぱっ
魔王「こっちか?」むにゅぅ……♥
勇者「っ~!?」ゾク
16 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:34:10.409 ID:YPG2rUA10.net
魔王「どうやらこっちのようだな」たぷ♥ むにゅ♥ もにゅ♥
勇者「ぐ、ぁ、ヤメ……ロォ」ガクッ
勇者(なんたる屈辱……! 谷間に己の情けない〇頭が見え隠れするたびに魔王の両胸に包まれてシゴかれていることを意識してしまう)
魔王「ふふ……みるみるうちにアツく、かたくなっていくぞ勇者……もしやもう達するとは言わんだろうな。まだまだこれからだぞ」ペロ……チュ♥
勇者「な゛」ビグッ
魔王「ふふふ、いい顔だ」トロォ……ヌチ♥
17 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:34:47.393 ID:YPG2rUA10.net
むにゅ♥ ニュ♥
魔王「レロ、チュ、ムチュ……♥」
勇者「が、、ぁ゛」ガクガク
魔王「こら」ぴた
勇者「……?」ハァ、ハァ……
魔王「貴様いま貴重な子だねを漏らしそうになっただろう。目的を忘れるな」
魔王「貴様が果てる場所はココだ♥」ニュパ♥
19 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:35:47.782 ID:YPG2rUA10.net
勇者「……」ハァ、ハァ
魔王「我も貴様に舐めてもらおうと思っていたが……なんだかな……それどころではなかったらしい」クチュ
魔王「もっとも貴様とはこれが終われば命のやり取りをする仲だ。それに際して我が魂が子孫の繁栄を急いでいるのかもしれんな」ふふふ
魔王「そらどうした。今だけ貴様に主導権を譲ってやろうという我の粋な計らいが分からんのか?」
勇者「ッ!」ガシッ……!
ドサッ……!!
魔王「あふっ」ばふっ
魔王「ン、ふふふ……いい目になってきたじゃないか。今から雌を〇し、自らの遺伝子をその器に植え付けようというという魔獣の目にそっくりだ。これではどちらが魔族か、もはや分からんな」
20 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:36:28.883 ID:YPG2rUA10.net
勇者「ハッ、ハッ……!」 ヌチュヌチュ……
魔王(くる…!)
ズチュゥゥ……♡♡♡
魔王「ン……♥ ふっ……♥」
勇者「グ……ゥ゛……!」ガクガク
ヌチュ……♡
魔王(ふふ、あの様子なら挿れただけで達するかとも思ったがひとまずは耐えたか。そこはさすがとでも言っとくべきか……)
21 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:36:58.829 ID:GARUc3Yxa.net
はよ
22 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:37:08.049 ID:YPG2rUA10.net
魔王「気にするな。存分に腰を振るが……」
ボチュゥゥ♡♡
魔王「い゛♥ ひっ……♡」
勇者「ハァッ! ハァッ……!」グチュゥ♡ ブチュッ♡ グリュグリュ♡
魔王(こや、っ……/// 腰を引くどころか……さらに奥にっ……///)
チュ♡ チュ♡ チゥ……♡
魔王(し、きゅぅに…… ♥ これほどまでに……♡)ビクビク……♡
23 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:37:45.546 ID:YPG2rUA10.net
勇者「ハァハァ」ヌゥ……♡
魔王(やっと腰を引きおったか……///)はー♥ はー♥
キュゥ…
魔王「っ♥」
チュポッ♡♡
魔王「んはっ♡」
勇者「ハァハァ……フン!」ズンッ♡♡♡
魔王「お゛ふっ♡♡」
26 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:38:54.841 ID:YPG2rUA10.net
勇者「グ……ゥ! クソッ! クソッ!」カクカク
ブチュッ♡ ボチュッ♡♡ ブチュッ♡♡
魔王「くひっ♡ ぃ゛♡ ま、まて……!///」
魔王(なぜそこまで激しく動けるのだ!/// やつはもう先ほどの前戯で限界だったはず……! )
ズチュッ♡ ブチュッ♡ ブチュッ♡♡ ブチュゥッ♡♡♡
魔王「くっ♥ ふふ……/// サルめ、確かに好きに動けとはいったが……少々の躾は必要か」シュィィ……シュン
魔王「!」
27 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:39:35.353 ID:YPG2rUA10.net
勇者「ク、ククク……どうやらあらゆる魔法が不発に終わるというのは本当のようだ」ズチュッ♡ ズチュ♡♡
魔王「っ……///」ぐぐっ
勇者「クク、強大な魔法が使えぬなら魔族の王も所詮は女か」ズルルゥ~…♡
ブチュンッ♡♡♡
魔王「お゛♡♡♡」
勇者「ハッ、ハッ……!」グリュ♡ グリュゥ……♡♡
29 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:40:32.122 ID:YPG2rUA10.net
チゥゥ……♡
魔王(こ、こやつ……/// もはや我とのこのまぐわいに抵抗がなくなっているというのかっ/// )
勇者「魔、王!!」グリュグリュ♡
魔王(射〇を拒絶しようとするどころか……射〇するために腰を押し付けてきているっ///)
魔王(我を孕ませようと……/// 我にその雄種を注ごうと……///)ドキドキ
ヒクヒク……♡ トロ♡
魔王(なんだこの気持ちは……/// 子〇がこじ開けられるようだ)ドキドキ
31 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:41:36.294 ID:YPG2rUA10.net
キュプ♡ チュク♡♡
勇者「魔王……! マオウ!」グッ♡ グッ♡
魔王「やめ、ろぉ……/// そ、そんなに子〇口と鈴口をこすりあわせるなぁぁ……///」
チュ♡ チゥ♡♡
魔王「ぁ……♡」
チュゥゥ♡
32 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:42:01.784 ID:YPG2rUA10.net
勇者「オ゛……フッ、ヴ……!」
ビュクビュクビュクッ♡♡♡
魔王「ひぅ゛♡」
勇者「オ゛、ォォ゛……」ガクガク
ビュゥ♡ ビュゥ♡♡
魔王「あ♡ ぁ……♡」
ドクドクドクッ♡ ~◦ ~◦ ~◦ ~◦
33 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:42:46.725 ID:YPG2rUA10.net
勇者「ッ……フッ フッ……」
魔王「はー……はー……/// きさ、ま……///」
魔王「うむぅぅ!?///」
勇者「チュ、チュ」レロ
魔王「ぅ、みゅ、ちゅ……チュ」
モミュ♡ もむっ♡ クリュクリュ♡
魔王「ぅ♡ ちゅ♡ むぅ……♡」
34 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:43:15.662 ID:YPG2rUA10.net
グチュ♡ ブチュチュ……♡
魔王(一度果てたはずの愚息がまた……!? )
グリュッ♡ グリュッ♡♡
魔王(ぁ♡ また……♡)れろ♡ ちゅ♡
勇者「ンッ、ン」グチュ♡ ヌヂュ♡
魔王(種〇け……♡ 始まったっ♡)
36 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:43:59.680 ID:YPG2rUA10.net
~ 廊下 ~
側近(そろそろでしょうか)コンコン
側近「……」
側近(もう随分経ってますが……まさか魔王様の身に何か!)
側近(! 施錠が……もうすでに事はすんでいる)そっー
ガチャ
38 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:44:43.640 ID:YPG2rUA10.net
側近「……」すっ
ギシッギシッ♡
ぁ♡ ゆーしゃ♡ ゆーしゃ♡♡
魔王! 魔王……!
パンッ♡ パンッ♡
側近(な、なんと情熱的なまぐわいを……!///)パタン
側近(いけません……魔王様がまだお楽しみでしたのに私はなんてことを)
側近「……///」キュン
側近(はあ/// )すたすた
41 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:46:33.952 ID:YPG2rUA10.net
…………………………
魔王「ゆーしゃ♡ もっとだ♡ もっと♡ はげしく……♡」
勇者「クッ、う゛……どこまでも〇乱な女め……!」パンッ♡ パンッ♡
魔王(我は魔族の王……夜伽など何度も経験しているが今まではこのようなことは一度たりともなかった)
魔王(常に我が主導権を握り、たまに力任せに無礼を働くやつには魔法で手痛い粛清をくれてやった)
魔王(だが我はこの男に思い知らされてしまった……♡ メスとして〇され、孕まさせられる悦びを……♡)はー♡ はー♡
魔王(そして気づいてしまった……我はおそらく随分前からこの者を……///)
43 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:46:59.656 ID:YPG2rUA10.net
魔王「ゆーしゃ♡ 今だけは、今だけは我のカラダはきさまのものだ♡ すべてくれてやろう♡ 顔も、胸も、子〇も……♡」
勇者「オ、ォ゛…! 魔王ッ……! まおう!」
ブチュゥ♡
グリュ♡ グリュ♡ グリュ♡♡
勇者「孕めッ……!!」ドビュッ♡♡
ブビュルッ♡ ビュグッ♡♡ ビュグッ♡♡
魔王(勇者の、ものに……♡)
~◦ ~◦ ◎ ◦~ ◦~
トクン♡ トクン……♡
…………………………
………………
……
45 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:47:47.847 ID:dJIk0Sqgd.net
○~
46 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:47:54.472 ID:YPG2rUA10.net
勇者「……鍵はもう開いているのか」
魔王「ああ。まあ、な」
勇者「……日を改める。次こそは覚悟しておけ」すくっ
魔王「ま、まて!」ぎゅ
勇者「っ……なるほど。体力を消耗したところを狙う作戦だったのか。しかしそれは貴様も同じ」
魔王「ばか、そうではなぃ」
勇者「!」
47 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:48:27.171 ID:YPG2rUA10.net
魔王「だが、いくな……/// 我はもうきさまなしでは生きれぬカラダにされてしまったのだ」ぎゅぅ……
魔王「こういうのはどうだ? 我と貴様、二人でこの世界を収めようではないか! だから、我と…… 」
勇者「お断りだ」
魔王「っ」
魔王「そ、そうか……やはり……」
勇者「だが、貴様が人間族との和平条約を結ぶというのなら考えてやらんこともない」
魔王「!!!」
勇者「俺も戦意を喪失してしまったところだ」
魔王「なるほど。その契約、受け入れよう」
48 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:49:29.900 ID:YPG2rUA10.net
その後、勇者は魔王を連れて一度王国へ戻り、人間の王と魔族の王は和平条約を結んだという。そしてその場を式場として勇者と魔王は永遠の愛を誓った。
\ワーワー/
姫「ゆ、勇者さま……??」
側近「いいではありませんか♡ すごくロマンティックです……♡」魔王様、なんとお美しい……♡
50 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:50:55.334 ID:YPG2rUA10.net
そしてさらにその後
~ 魔王城 ~
ギシッ♡ ギシッ♡
魔王「ゆーしゃ♡ ゆーしゃ♡ しゅきっ♡」ぎゅっ♡
勇者「本当にっ、ハァ、ハァ……大丈夫、なのか?」
トチュッ♡ ヌチュッ♡♡
魔王「きさまと我の子だぞ? これくらい……んっ♡ 平気に決まっているだろう♡ 」
魔王「むしろきさまのその生命力を我が子に吸わせてやれっ♡ きっと丈夫な子に育つぞ♡」
勇者「ウッ……!」ドプドプ♡
51 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:51:46.392 ID:YPG2rUA10.net
魔王「ぁ♡ ん♡ はぁ♡ はぁ♡ この子が生まれた後も頼んだぞ」
魔王「少なくともあと5人は孕みたいものだ」
勇者「後継になる子なのだろ? そんなに作って大丈夫なのか」
魔王「後継など知ったことか。それに和平条約を結んだのだ。こちらがうまくいかずとも人間の王が魔族の社会もまとめて良くしてくれるのだろう?」
勇者「っ~……?」
勇者(本当に大丈夫なのだろうか)
52 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:51:57.890 ID:Sd9Br8nAd.net
双子が生まれて子供が、魔王と勇者で対決しそう
53 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 03:52:43.409 ID:YPG2rUA10.net
魔王「それはまた後で考えればいいだろう? 我は今を大切にしたいのだ」
魔王「貴様と子と築く今の幸せをな」ぎゅっ♡
勇者「忘れているようだが俺は人間だぞ……今はその希望に答えられるやもしれんが……」
魔王「なんだ勇者。まさか人間がこの我と身体を重ね続けてただで済むとは思っておらぬだろうなら。貴様は我の体液をその身体に馴染ませすぎてとっくの昔に我と同じ不老の身よ」
勇者「なっ……!?」
魔王「んっ♥ もう一度だゆーしゃ♥」
勇者「ぐわっ」
ドサッ

それからというもの二人は毎晩のようにベッドを揺らし続け沢山の子孫に囲まれて幸せに暮らしたという
60 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/20(土) 04:01:59.609 ID:GARUc3Yxa.net
【元スレ】http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1539973556/

まるの制作部(動画、プログラム、絵、ブログ運営)

ヘッドライン



farewell

カテゴリ

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
作らなきゃ(使命感)

QooQ